ガラクタクエスト 利益率81%は本当なのか?

はじめに

こんにちは、らふくです。

今回は、

ガラクタクエスト

という名前の副業について見ていきます。

ガラクタクエスト、通称ガラクエですが、利益率81%と謳われています。

その答えはGoogleにあるとのことですが、

いったいどうやって稼ぐのでしょうか?

個人的に今回の案件はおすすめしません。

その理由を書いていきますので、参考になれば幸いです。

特定商取引法に基づく表記

今回の特商法の記載については書きません。

しかし、URLは載せときます→http://garaque.com/cpone/lp/1ijsu/

気になる方はサイトの一番下をご覧ください。

では、ガラクエはいったいどんなところが運営しているのでしょう。

販売会社について

販売会社は、株式会社ハーフウエスト。

法人登録されたのは平成27年、つまり2015年みたいです。

ホームページがあったので見てみると、

設立が2005年になっていました。

んー、どういうことなんでしょうね。

ホームページの特商法には古い情報が載っている。

ホームページの下の方に特商法があったので、念のため確認してみると、

どうやら古い情報が載っているようでした。

所在地だけ古い情報になっていましたね。

でも、電話番号は同じでした。

引っ越し先でも電話局が一緒だったんですかね。

ただ古い情報が更新されていない可能性があるので、ホームページにあった代表ブログというリンクに飛んでみると、

2019年8月頃から更新されていないようです。

ですから、ホームページも更新されていないと思われます。

それとやはり、設立が2005年になっているのは気になるところです。

ガラクタクエストの内容は?

ガラクタクエストの詳細はセールスレターを見る限りでは全く分かりません。

サイトを見てもらえばわかると思いますが、ド〇クエみたいな感じになってます。

そしてセールスレターの内容もまるでゲームのような説明がされています。

・チートでアイテムゲット

・みんなでワイワイ楽しい

・装備するだけで3倍売れる

・レイドでレベルアップ

こんな書き方をされています。

これではどうやって稼ぐのか1ミリも伝わってきません。

?が増えていくだけです。

サイト内にある口コミを見てみても、

1人だとクリア不可能でもワイワイ楽しいから気づけばレベルがどんどん上がっていく。

みたいなまるでゲームをしているかのような内容が多くみられます。

これはいったいどういう副業なのでしょう。

Googleを利用したものだと書かれていますが、ここまでの情報を見る限り、

ゲームをやっているようにしか思えません。

私の解釈としては、稼げるまでのルートをクエスト方式でクリアしていくものなのかなと勝手に思っているのですが、

装備とかレベルアップとかパーティーとか言われると何のことやらわからなくなります。

元Google社員を含み最強パーティーというのも意味が分かりません。

結局ガラクタクエストの内容については意味不明としか言えません。

稼げる証拠などありませんし、何で稼いでいるのかも不明。

証拠がないのに、利益率81%と言われても信じることは難しいと思います。

内容等がはっきりしない案件には安易に手を出さないほうが良いです。

口コミ、評判

ネットでの評判を見てみたのですが、

これといって情報はありませんでした。

もしかすると、セールスレターの内容が良くわからなくて、参加してない人の方が多いのかもしれません。

ガラクタクエストについての記事がいくつかありましたが、稼げると言えるだけのものがないというのがほとんどでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「ガラクタクエスト」と見ていきました。

サイトは見られましたか? 理解できるような内容ではなかったように思います。

楽しくワイワイゲーム感覚で稼げるのかなと思ったりしましたが、

そういうようなことはセールスレターには書かれていませんからね。

結局はどんなビジネスなのかわからないです。

さて、結論としては、おすすめしません。

・法人登録された日と、設立された日が違うのが気になる。

・ガラクタクエストの内容が意味不明。

・これといった稼げる証拠などは無し。

以上の理由から、稼げない案件ではないかと判断しました。

個人的にはゲームをするみたいに稼げるものがあったら楽しいのかななんて思ったりしますが、

現実にそんなものはないですよね。

たとえ稼げると言われても、自分の目で確認するまでは手は出しません。

お金のことに関しては家族や友人であっても、信用できないですからね。

現に友人から投資の話を持ち掛けられたというのは聞いたことがあります。

しかも紹介されたものが怪しい案件だっていう、、、。

そういうことがある以上、安易に調べもせず手を出すのは危険だと思います。

結局自分の身を守れるのは自分だと考えます。

以上、らふくでした。