フクナビAGENT という副業は稼げるか!?それとも?

はじめに

こんにちは、らふくです。

今回は「フクナビAGENT(フクナビエージェント)」という、大分過去の案件を見ていきます。

どうして過去の案件を見ていくかというと、最近でも勧誘されているようなので。

結論を言うと、おすすめしません。

その理由を書いてきます。 参考にしていただければと思います。

フクナビAGENT|特定商取引法に基づく表記

フクナビAGENTのサイトURL→http://zaitakuworks-jp.com/

フクナビエージェントでは、特商法の記載を確認することはできませんでした。

セールレターによると、無料とのことなので、書いていないのかもしれませんが、

運営元がどこかわからないというのは不安ですし、信用はできません。

特商法の記載がない、または、運営元が不明なものは、怪しまれても仕方がないと考えています。

フクナビAGENT|はどんなもの?

実際にメールアドレスを登録してみました。

ですが、最初にセールレターに書かれている、フクナビの魅力を見ていきましょう。

・お任せで仕事が見つかる。

・専門のスタッフがお仕事を全面サポート。

・家にいながらお金が稼げる。

・空いた時間に仕事ができる。

・ほかの仕事と掛け持ちできる。

・人間関係の悩みがない。

・やり方次第で高収入が手に入る。

この7つが魅力として書かれています。

まあ、どれも実績はないわけですが、、、。

フクナビについて調べてみましたが、フクナビが良いという話はみず、むしろ稼げないものである可能性が高いというものがいくつか見つかりました。

仕事内容はオプトインアフィリエイトという話を見かけましたが、どうなんでしょうね?

ネットの情報なので鵜呑みにしてはいけませんよ。

運営はギアワークサービス株式会社というらしい?

上の方でちらっと書きましたが、実際に登録してみました。

すると、ギアワークサービス株式会社と書かれたメールが届きました。

その内容は、

・アパレル系 ・IT系 ・WEBリサーチ ・コンサルタント系 ・教育系

ジャンルはこんな感じで、どれも雑務といった感じでした。

これで1つの案件が10,000円以上で、勤務場所はどこでもいい、勤務時間は空いた時間帯でおk(案件によっては指定がある可能性がある)と書かれていました。

なので、割と普通の副業なのかなと思いましたが、報酬の1案件、1万円以上というのは、平均的なものに比べると少し高いのではと思います。

ギアワークサービス株式会社について調べようと思ったのですが、

日本の法人番号公表サイトには検索してもヒットしませんでした。

もしかすると、海外に籍があるのかもしれませんが、だとしてもメールに住所など書かれていないので、どこで法人化されているのかもわからず、

今のところは、虚偽の可能性があるとしか思えません。

相手のメールアドレスはありましたが、電話番号は書かれていません。

ギアワークサービス株式会社を検索してみても、情報は全く出てきませんでした。

正直に言いますと、こんなわけもわからない会社の出す副業を信用するのは無理です。

フクナビAGENT|口コミや評判。

ネットでの評判を見てみますと、上の方で書いたようにおすすめはされていませんでした。

私もそう思います。

運営には不明な点が多く、電話番号がないために、トラブルが起きた際にサポートをきちんとしてくるのかは不安があります。

そういうのに比べれば、副業求人と検索して出てくるものの方がまだましなのではないでしょうか。

フクナビAGENT|まとめ

いかがでしたでしょうか。

結論としては、おすすめしません。

・特商法の記載なし。

・仕事内容に疑問がある。

・ギアワークサービス株式会社は今のところ、存在しない可能性がある。

以上の点から、利用する必要はないなと判断しました。

上の方で書いたように、こんな身元もわからないようなところが紹介している副業に応募する必要はないと思います。

それであれば、堅実に在宅ワークの求人を見て、自分にできそうな仕事を探してやってみた方が、いい経験になるのではないかなと思います。

報酬も1案件1万以上とのことなので、そこまで高いわけではないと思います。

その1案件にどれくらい時間が掛かるのかはわかりません。

大まかなジャンルや業務内容は書かれているわけですが、具体的なものはなにもわかりませんでした。

法人情報を調べてみても出てこなかったのが、でかいですね。

まあ、もしかすると海外に籍を置いているのかもしれませんので、そこも不明というのはもどかしいところです。

全体的に不明な点が多いなという印象でした。

もし、新しい副業案件などを見つけた場合、他の似たものよりも信用できるのかとか、本当に必要なのかという見方をするのもいいのかなと思います。

以上、らふくでした。