セールスシステム構築プログラム 自分デザイン株式会社

 

はじめに

こんにちは、らふくです。

今回は「自分デザイン株式会社」が販売している「セールスシステム構築プログラム」について見ていきます。

こちらの商材は、起業するためのグループコンサルみたいです。

一人で目標に向かって頑張るのは諦めやすいから同じ仲間をみつけて一緒にがんばるろう!そうすれば諦めにくくなるよね。

みたいな感じです。1対1のコンサルではなくグループということですが、どうなのでしょうか。

見ていきましょう。

特定商取引法に基づく表記

販売者名 自分デザイン株式会社
運営統括責任者 野口哲朗
住所 愛知県名古屋市中区錦1−17−13 名興ビルディング2階
電話番号 052-753-5014
メールアドレス contact@jibundesign.com
販売URL https://peraichi.com/landing_pages/view/group-consult
販売価格 498,000円

まずは所在地から見ていきましょう。

愛知県名古屋市中区錦1−17−13 名興ビルディング2階ですね。

はい、普通の賃貸ビルですね。ここで部屋を借りているようです。

自分デザイン株式会社について

まず法人登録を探してみましたが、ありました!

特に不審な点は見当たりませんね。所在地を一度変更したようですね。

運営統括責任者について

野口哲朗氏について調べてみます。

もともとは学校の先生だったみたいです。コンサルやセミナー等しているようです。

教育ビジネスというものに力を入れているようです。

教育ビジネスとは、セミナーだったりコンサルティングをやる講師になって稼ぐビジネスモデルですね。

これは初心者の方には向いていないものです。セミナー等をやるのは専門的な知識が必要だったりするので、ビジネス初心者が手を出せるものではないと思います。

YouTubeチャンネルを開設しているようです。

プロフィール欄はFacebookなどでも一緒の内容でしたので省きます。

このほかにも公式メルマガなどがありました。Twitterもありましたが全く動いていないようです。

このプロフィールに書いてあるJDA(自分デザインアカデミー)についても調べてみましたが、口コミなどの情報が全くありませんでした。

連絡先について

 電話番号:052-753-5014

メールアドレス:contact@jibundesign.com

電話番号についてjpnumber(電話番号検索)で調べてみたところ、株式会社タスクールPlusという会社の情報が出てきました。自分デザイン株式会社の情報は出てきませんでしたね。

この株式会社タスクールPlusにはホームページがあったので、電話番号を見てみましたが、違う番号になっていたので、情報が古いだけかもしれません。

ちゃんと電話がつながるかどうかはわかりません。

次いでメールアドレスについて調べてみると、他の商材が見つかりました。

追加の情報

メールアドレスを調べて出てきたものを2個載せておきます。

初公開!名古屋人のための起業成功法則というもの。セミナーですね。

ここに書いてある電話番号はおそらく個人携帯ですね。特に情報はありませんでした。

しかし、会社としてやっているなら会社の電話番号を載せるべきだと思いますがなぜでしょうか?所在地が一緒なので、電話番号が違うことには違和感を感じます。

それと、自分デザインアカデミーというのがありました。

 

こちらもインフォカートにて販売されているようです。価格は193,200円(税込)ですね。

しかしこちらの商材は稼げるようになる商材というよりも、起業力を身に着けるためのものみたいです。起業を助けるものではないのかな?

セールスレターを見てみても、講座を通じて手に入れらるものくらいしか書いて無くて、セミナーなのかコンサルなのかわかりません。おそらくセミナーだと思われますが不明な部分が多いですね。

この二つに関する口コミ情報等は見つかりませんでした。

セールスシステム構築プログラムについて

セールスレターを見てみましたが、だいぶ簡素ですね。内容が全く分かりませんでしたが、Googleで調べてみると高単価教育プログラム構築セミナーという別の商材が出てきました。

セールスレターを見ても詳細は書いて無いので、推測ですが、今回の商材はこの高単価教育プログラム構築セミナーの内容+α+グループコンサルティングだと思われます。

高単価教育プログラム構築&セールスシステム構築プログラムと書いてありますし、目指せる収入も似通っているので、おそらくは同じ内容を学べるのだと思うのですが、確実ではありません。

高単価教育プログラム構築セミナーのセールスレターを見てみると、おそらくもうすでに終了しているセミナーだと思われます。セミナーの日時が1月になっていました。

終了したのなら、こういったセールスレターは消しておいてほしいのですが、、。まだやっているのかと勘違いしましたよ。

それと気になったことと言えば、このセミナーのセールスレターには特商法の表記がありませんでした。

特商法についてはこちらをご覧ください→特定商取引法とは

特商法の表記がないものは警戒するべきです。

このセミナーでは30日経っても効果がなければ全額返金すると書いてありましたが、特商法の表記がないため本当に返金してくれる保証はありません。

よって信用できるものではないと判断します。

ちなみに高単価教育プログラム構築セミナーの参加費は2,000円と書いてありました。年商2000万円を目指せるセミナーを2000円で参加できるなんて正直ありえないです。

おそらく野口氏のオリジナルのノウハウだと思われるのですが、自分で探し出したノウハウを2000円で公開するでしょうか。考えにくいですね。

そして今回の商材セールス構築プログラムの価格は498,000円です。上で紹介したセミナーの参加費が2000円ということを考えると、ほとんどがコンサル料ということになると思いますが、野口氏の収入についての情報がないので、実績があるのかわかりません。

それと野口氏のほかの商材を見ていて思ったのですが、実践者の声の内容が他の商材にも載っていることですね。実践者の声の内容は本人の写真付き、名前付きですごく詳細なものなんですが、他の商材にも、多少内容の違いがあるものの同じ内容の実践者の声が載っているので、使いまわしている可能性があります。

実践者の声に書いてある名前を調べてみると、ちょっとした情報は出てきて、セミナ―等をすこしやっていた痕跡はあったのですが、それ以外に情報がなく、今でも稼いでいるのかはわかりませんでした。

内容

内容についてもセールスレターはわかりにくいのですが、内容と思われるものを探します。

メリット1
顧客を獲得する鉄板プレゼンテーションのテンプレートが手に入り、実践・応用を積み重ねることができる
 
メリット2
集客から顧客までのフレームワークを手に入れることができ、年商1,000万円〜3,000万円も可能
 
メリット3
ビジネスを成功させるために大事な思考フレームワークを全てお伝えするので、この講座だけで起業を成功させる上で必要な事は全て網羅されている
 
メリット4
仲間と応援し合いながら自分のビジネスを作る事ができるので、モチベーションを維持できたり、協業を通じて一気に飛躍させる事も可能
 
メリット5
ここで知り得たノウハウを活用して、自分自身が企業や個人向けに経営コンサルティングができるようになる
 
特典↓
 
自分ブランドワーカー養成講座スターターパック(音声教材)
 
たった1回のセミナーで100万円売り上げる101のメッセージ
 

こんな感じです。うーん、わかりくいですね~。

こんな曖昧な感じで、498,000円(税込)というのはものすごく高額ですよね。

これだけ高いと稼げたという口コミなどの情報が出るまでは、参加は控えた方がいいと思います。

まとめ

今回の商材「セールスシステム構築プログラム」について調べてみました。

結論:おすすめしません。

・何について学ぶのかわかりくい。

・野口氏の商材はどれも似たような内容である可能性があるため、他の商材が安い金額なのをみると、今回の商材に498,000円もするのは違和感がある。

・野口氏の他の商材では特商法の表記がないため、信用できない。

・実践者の声を使いまわしている可能性がある。(ほかの商材で同じ名前を見かけるため)

以上のことから、おすすめしません。

グループコンサルというのは同じ目標を持つ仲間と出会うことができるため、人脈を作ることはできると思いますが、

グループにしたことによって、ひとりひとりをちゃんとコンサルしてくれるのかがわからない。

仲間ができるので、モチベーションを保つことはしやすいと思いますが、しかしおそらくこの商材で集まるのは初心者である可能性が高いですよね。そうなると有用な情報交換ができるとは思えないのですが、ただモチベーションを保つというだけであれば、グループコンサルにする意味はあまりないように思います。

1対1のコンサルは先生と一緒なので、ずっと孤独というわけではないので、モチベーションを保つことは1対1のコンサルでもできると思います。

やはり結局はやる気があるかどうか。やる気がなければどんなに高額の塾やセミナー、コンサルに参加したところで、何も身に着けるものはないし、実践することもないでしょう。

最初から稼げるようなビジネスをするのではなくて、まずは自分の好きなことで小銭稼ぎをしてみるのもビジネスの感覚を掴むのにはいいかもしれません。

以上、らふくでした。