こんにちは、らふくです。

今回は「SNAP(スナップ)」という名前の

写真買取サービスについて見ていきます。

ビジネスモデル:写真買取

稼げる額:1枚1万円~(237名の登録者に毎月90万円以上の報酬)

内容:スマホで撮影した写真のみを専門に写真の腕前、画質等関係なく買い取る

と、SNAPはこのようにセールスレターで謳われています。

どんな写真でも、1万円で買い取ってくれるというのは趣味で写真を撮る人や、写真が好きな人にとっては、ついでにお金を稼ぐことができていいことなのかもしれませんね。

今の時代は少しでも多くお金を稼いでおきたいと考える方は多いでしょうから、このようなサービスがあるなら助かる話ではあります。

しかし、考えてみると、あまり現実的な話ではないように思えますね。

それに調べていた中で気になる情報もありましたので、それについて書いていければと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

SNAP、岡崎大輔|特定商取引法に基づく表記

運営統括責任者 岡崎大輔
住所 大阪府大阪市中央区本町2丁目1番19号501
メールアドレス d.okazaki@oka-snap.com

サイトURL→https://oka-snap.com/lp/b7213gncs/index_sm.html

情報が少なすぎ?

上の内容を見て頂くと、名前と住所、メールアドレスしか書かれていません。

これは少し問題があります。

特商法では、名前(社名)や電話番号、住所、など記載が義務付けられている項目がいくつもあります。

なので、この内容で特商法に関する表示としているのはおかしいと思います。

法的に見れば怪しいと言わざる得ない内容です。

また連絡先がメールアドレスしかないというのも不安材料の一つ、お金が絡む案件ですから、なにかしらトラブルや問題が発生することはままあるでしょう。

そんな時に連絡する方法がメールだけ、というのはいざという時に対応してくれない可能性があります。

次いで、特商法の表示には「表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではない」と書かれています。

写真1枚1万円で買い取ると言っているのに、これはおかしいですね?

つまりは、報酬が発生しない場合があるという風に受け取ることもできますね。

と、こんな感じで特商法を見ただけでも、おすすめできないと考えます。

岡崎大輔なる人物について

この岡崎という人について一応調べてみましたが、情報は全く出てきませんでした。

検索するとプロ野球選手の情報が真っ先に出てきたので、偽名なのかもしれません。

そして、特商法には会社名ではなく、個人名になっているということは個人で運営されていると考えることができます。

住所についても調べてみたところ、賃貸オフィスが見つかりました。

しかし、本当にそこに入っているのかは確証はありません。会社名が書かれていれば、法人情報を確認するということもできるのですが。。。

というわけで、特商法に関する情報をまとめると、

実態が不透明な怪しい内容となります。

この時点で参加することはお勧めしません。

SNAP、岡崎大輔|内容について

SNAPの仕事内容については、最初の方にも書きましたが、スマホの写真限定で1枚1万円で買い取るというもの。

では、買い取った写真を何に使うのか?

それは、動画などにすることによる広告収入で元を取ろうとしているようです。

ですが、やはり写真を1枚1万円で買い取るというのはあまり相手にメリットは無いように思いますね。

動画で広告収入を十分に得られるチャンネルなら、別に写真を買い取る必要はないですし、むしろ赤字になってしまうことが考えられます。

だって、この写真買取、特に制限とかは設けられていません。

ということは、参加した人数分だけ1万円払わなければいけないことになります。

セールスレターには237名の先行登録者がいるという話ですが、毎日1枚だけとしても、237万円を毎日払うということになります。

それだけの資金があるなら、もっと他にやりようがあるように思います。

なんというか、理にかなっているようには見えません。

いくら広告収入で元を取ろうにも、さすがに無理があるとは思いませんか?

というわけで調べていると、どうやら有料なのではないかという情報が見つかりました。

実は有料?

SNAPに登録すると公式サイトに案内され、そこで写真を送ると報酬が入りますが、出金はできないそうです。

理由はデモ版だから、出金をするには別の有料サービスに参加しなければいけないという仕組みになっているようです。

なるほど、さすがに広告収入だけでは無理がありますからね。そういうことだろうと思いました。

セールスレターにある情報のほとんどは誇大広告ということですね。

口コミや評判に情報がない

237名が90万円以上の報酬を受けているなら、どこかしらで情報が上がってきてもいいものですが、

SNSなどにはそういった情報は一切出てきませんね。

なので、セールスレターにある「237名の先行登録者」「毎月90万円以上の報酬を渡している」というものの信憑性がかなり低くなりましたね。

やはりうまい話には裏があるものなのですね。

SNAP、岡崎大輔|まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「SNAP(スナップ)」という写真高額買い取りサービスについて見ていきましたが、結構内容が黒かったですね・・・。

さて、結論はお勧めしません。

・特商法の情報が少なく、運営側の実態が不透明。

・口コミはなく、稼げる証拠等がない。

・写真1枚1万円で買取るというのは無理がある。

以上のことから、稼げないだろうと判断しました。

写真を1枚とって1万円になる副業があったらいいなとは思うものの。

現実はそう甘くはありません。

世の中に蔓延っている簡単に稼げるよとかいう案件も、なにかしら裏があるものです。

簡単な作業内容や、稼げる金額には惑わされないように気を付けてくださいね。

もし、副業をしたいのなら、まずは感覚を掴むという感じでやり方のわかっているものを試してみてはいかがでしょうか。

以上、らふくでした。

その他副業に関する記事はこちら。