他力本願FX  情報問屋 高橋一二三

 

こんにちは、らふくです。

今回は「情報問屋 高橋一二三」が販売する「他力本願FX」について調べてみました。

世界で活躍しているトレーダーが代打FX取引をしてくるみたいなのですが、

もうこの時点で怪しいですよね。

そのトレーダーとは誰ぞ。情報がないぞ。

それでは特定商取引法に基づく表記から見ていきましょう。

特定商取引法に基づく表記

販売者名 情報問屋 高橋一二三
住所 千葉県柏市豊四季703-39-103
電話番号 08090151233
販売URL http://123run.wixsite.com/tariki-infotop
販売価格 10,000円 (税込)

評判・口コミ

まず他力本願で勝てるほどFXは甘くないという事を知っておいたほうがよろしいです。

自動売買ツールで稼ぎまくっている人など皆無と思って下さい

自動売買ツールは補助ツールです。証券会社などではとても優秀な売買ツールを使っていますが、やはりあくまで補助なのです。そしてそのような売買ツールは一般投資家に行き渡ることはありません。証券会社が持っているシステムは個人で持てるようなものではありません。

引用:http://earningcredits.info/%E4%BB%96%E5%8A%9B%E6%9C%AC%E9%A1%98fx-%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%95%8F%E5%B1%8B-%E9%AB%98%E6%A9%8B%E4%B8%80%E4%BA%8C%E4%B8%89/

 

正直なところ、このような商材があることにショックを受けました

買ってはいけないのは当然のこととして、ただの仲介で利益を取ろうというのはちょっと酷すぎますね

そして他の人に運用を任せた結果、読者自身が利益を増やすための知識やノウハウを得ることは一生ないでしょう。

自分の資産は自分の手の届くところで、着実に増やしていくべきです

引用:https://xn--18j3f788i1cp5tv.com/%E4%BB%96%E5%8A%9B%E6%9C%AC%E9%A1%98fx-%E6%83%85%E5%A0%B1%E5%95%8F%E5%B1%8B-%E9%AB%98%E6%A9%8B%E4%B8%80%E4%BA%8C%E4%B8%89/

他力本願FXとは?

他力本願FXは基本的に自動売買ツールになるのですが、世界中のトレーダー(本当か不明)が登録していて、

その中から自分好みのトレーダーを選んで、そのシステムでFX自動売買をするという方法ですね。

 

トレーダーの管理ができるプラットフォームで複数のトレーダーを選んで資金を運用することも可能みたいです。

複数選んだトレーダーでの取引はポートフォリオにて一元管理できるようです。

 

そしてこのシステムにはリスク管理システムがあります。

時期によってはロジックで稼げなくなる時があるのですが、負け込みそうな時にはそういうロジックをポートフォリオから自動的に消去するシステムがあります。

 

世界中のトレーダーが登録しているかは、セールスレターを見た感じ不明ですが、1つのロジックだけでやっていると負け込んでしまうので、

そのリスクを他のロジックで補うというのは、いいんじゃないかなと思いました。

 

つまり、複数のトレーダーを選んで、リスク管理システムを上手に使って資産運用をする手法が他力本願FXです。

どんなFX業者を使うのか不明

セールスレターを見てみると、どの業者を使うのか書かれていませんでした。

よくある質問を見てみると、レバレッジが500倍までと書いてあったので、おそらく国内業者ではないと思われます。

調べてみるとわかりますが、国内にレバレッジが500倍もあるものはないと思います。

 

そしてFX業者については「相性のいいFX業者を紹介しています」と書いてありましたが、利用するFX業者くらい書いてもいいと思うんですよね。

業者を公開できないということは、都合の悪いことがあるのでしょう。

まとめ

今回は「他力本願FX」について調査しました。

 

結論:おすすめできません。

 

セールスレターには販売者の情報が載っていませんし、利用するFX業者すらわからないなんて

不安しかありません。

 

そもそもFXにおいて、自動売買ツールで稼いでいる人が実際にいるのか?

私自身の答えとしては、ないと思います。

 

それにセールスレターに載っている画像ですが、なんのプラットフォームか書いて無いのでわかりませんよね。

ですが探してみると、「zulutrade」というプラットフォームとほぼ同じなんですよね。

デザインやレイアウトは「他力本願FX」で紹介されているものと同じです。

でも「他力本願FX」ではプラットフォーム名が隠されているんですよね。

これっとどういうことなのでしょう?

 

つまり、「他力本願FX」とは「zulutrade」を紹介するためだけの商材である可能性が高い。

画期的なものというわけではなく、すでに存在しているソフトの紹介と仲介をしているだけになります。

 

これを知ったときはがっかりしました。なんでプラットフォーム名を隠しているのかと、、。

怪しい部分しかありません。

わざわざこの商材を購入する価値はないように思います。紹介しているだけなので。

 

そして他力本願といっているように、自分で取引を学べるわけでないんです。

この商材を購入したところで自分で稼げるようになるノウハウないので、

そういった意味でも利用する価値は低いかと。

 

FXは他人任せにしても稼げるものではありません

FXで実際に稼いでいる方もいらっしゃいますが、そういう方たちは何年も失敗を繰り返して、自分なりのトレード方法を見つけて成功されている方たちです。

自動売買ツールをつかってずっと稼げていると言っている人はいますか?いないと思います。

 

それにもし稼げていたとして、そんな方たちが自分のノウハウを安い価格で売りますか?

その価格よりもはるかに高いお金を1回のトレードで稼げるのに、わざわざそんなノウハウを公開するとは到底思えません

 

という風に私は考えているので、世に出ているFX商材を販売している人というのはほとんどが、FXで実際に稼いでいるわけではなく

こういう商材を販売して生活をしていると思っています。

 

FXで稼げている人がわざわざ商材にしてまで販売なんてしないと思います。

 

ただ「他力本願FX」の価格が10,000円なので試してみるのはいいかもしれまん。

他のFX商材に比べればだいぶ安いとおもいます。

内容が内容なので、購入しないほうが無難ですが、気になる方は慎重に検討してください。

 

10,000円がきついというかたはFXはやらない方がいいと思います。

 

以上、らふくでした。