WUB 古着転売コンテンツ 藤本尚人

はじめに

こんにちは、らふくです。

今回は藤本尚人氏が販売している

「WUB 古着転売コンテンツ」

について見ていきたいと思います。

名前にもある通り古着転売の商材になります。

この商材では、

・安定して稼ぐことができる。

・スマホで完結することができる。

・小資金で始めることができる。

・再現性が高い。

とセールスレターで言っています。

これは本当なのか?

自分なりに見ていきます。

まずは特商法から見ていきましょう。

特定商取引法に基づく表記

販売者名 藤本尚人
住所 千葉県柏市十余二254-37 アリビオ305
電話番号 080-1514-4945
メールアドレス naotofujimoto69@gmail.com
販売URL https://furugi-trade.biz/lp/wub/
販売価格 29,800円(税込)

特商法の表記はすべて画像になっていました。

これは多少問題になってしまう可能性があります。

画像を表示しないといった設定にしていた場合、

画像のみの特商法は表示されないので、表示義務を果たせているとは

言えないためです。

ただこういった場合というのはめったにないので

問題にはなりくいですが、そういう場合があるということだけ

お覚えておいてください。

どうして特商法を画像などにするのかというと

情報収集ロボット等にメールアドレスや

個人名、住所などを抜き取られないようにするためだったり、

検索されても出てこないようにするためだったりします。

なので、個人情報を守る上では重要なものです。

ただこういった情報商材を販売する場合には個人情報を公開する必要があるので、

すべてを画像で表示するというのはいかがなものかと思います。

住所について

グーグルマップで調べてみました。

普通のマンションですね。

ここからはどれくらい稼いでいるのかというのはわかりませんね。

藤本尚人

藤本氏の名前で調べてみるとブログが出てきました。

リンクを貼っておきます。→https://naoto-furugi.com/

最終の記事更新は6月25日となっています。

ほぼほぼしんでいるブログといっていいと思います。

藤本氏がどんなことをしているのか知りたい方は見てみてください。

藤本氏は過去にも似たような商材を販売しています。

それが「古着転売コミュニティ OBC」です。

こちらの情報もブログの方に載っていたので、気になったら見てみください。

WUB 古着転売コンテンツについて

コンテンツ内容

・古着転売とは ・古着の魅力を理解する

・基本用語解説(アイテム) ・基本用語解説(柄、デザイン)

・アプリの準備 ・資材の準備

・ターゲットについて ・メルカリリサーチのやり方

・メルカリ人気キーワードリサ―チ ・商品リサーチ(メルカリ編)

・商品リサーチ(店舗編) ・商品リサーチ(雑誌編)

・商品リサーチ(古着屋編) ・出品前の準備

・写真の撮影ポイント ・出品の際のポイント

・価格設定と値下げのポイント ・プロフィール戦略

・商品名のつけ方 ・商品説明文の記載方法

・購入されない最大の理由 ・セット販売戦略

・売れきれ戦略 ・サイズについて

・迷った時の仕入れ基準 ・ノーブランドについて

・仕入NGブランド

特典。

・コンテンツアップデート ・古着仕入勧告ツアー参加権利

・古着仕入国内ツアー参加権利 ・購入者限定の飲み会の開催

・古着転売の商品リスト(800件) ・「収益性の高いブランド」の紹介

・マイル構築セミナー ・韓国仕入市場の紹介

こんな感じで価格は29,800円です。

ただ気になったのは価格は29,800円となっていますが、

セールスレターでは最初15万円といっていました。

そのあとに29,800円に値下げしたみたいな感じに見えます。

これは二重価格表示の疑いがあります。

値引きしたように見せて購入意欲を高める手法ですが、

使い方がちゃんとしていれば問題はないのですが、

これは悪質といえるかなと思います。

元々15万円だったものが29,800円で販売されているとなれば

多少なりとも購入しようかな?

と思ってしまいますよね。

一時的であれば問題はないそうなのですが、

長期的に特別価格のままだと悪質だと言えますね。

というかもともと15万円だったものが3万円まで落ちるというのは

明らかに情報の価値が下がったとみるべきだと思います。

現在はコロナウイルスの影響で気軽に外出はできないようになっています。

ですから店舗で仕入したりとか

海外で仕入したりというのはできないです。

ですから現状ではこの古着転売というのは難しいかなと思います。

コロナウイルスが落ち着くまでは他の在宅ワークと似たような感じになってしまいます。

現状ではデメリットが多いと言えますね。

古着転売のデメリット

メリット・デメリット

・仕入が大変。

店舗仕入れにしろネット仕入しろ商品を受け取って

写真を撮って、出品して、

となかなかに手間がかかるものになっています。

これを一つの商品ごとにやっていく必要があるわけですから

嫌になってしまいます。

こういった作業は外注化することができますが

それにも費用が掛かってきます。

すでに仕入れでお金を使っているのに外注化するのは

初心者にとっては厳しいものがありますよね。

・服の中古は一気に価値が落ちる。

これは新品の服を買ってそのまま転売する場合でも価値が落ちます。

たとえどれだけ綺麗な状態だとしても

新品3万円くらいで購入したもはネットでは1万円で売る必要があったりすることが

ほとんどです。

ですから50%も利益率はないと思います。 逆に低いものだと思います。

・商品の写真撮影が面倒

上の方にもちらっと書きましたが、1つの商品で

何個も写真を撮る必要があります。

これを毎回やるというのはそれだけ時間が掛かるので

副業でやると大した量はこなせないと思います。

・売り上げが安定しない。

仕入をするときからライバルがいて、売れる商品を必ず仕入れることができるとは言えないからです。

特にネットを使うとなると全国でライバルがいます。

そんな競争が激しい中初心者が稼げる商品を仕入れることができるかというと厳しいものがあるかなと・・・。

まとめ

今回はWUB 古着転売コンテンツについて見ていきました。

結論としては、

現状はおすすめしません。

・コロナウイルスの影響がある。

・ネットで仕入するのは厳しい。

・利益率は高いものではない。

・ライバルがたくさんいる。

以上の点から、おすすめしません。

まずコロナウイルスの影響は仕方がありませんが、

ネットで仕入れるのも現状厳しいです。

なぜかというと在宅ワークする人が増えたため店舗で仕入れる人が

少ないと思います。

そうなるとネットで仕入れる人が増えるわけです。

それと同時にネットでの競争も激しくなります。

ますます初心者には厳しい市場になっていくと思います。

なので現状はおすすめしないですね。

あと単純に仕入れから出品までがめんどくさいというのもありますね。

私はめんどくさがりなので転売系のビジネスは長く続けられないなと感じます。

何をやるにしても継続して続けることが出来なければ意味がありません。

あれこれやりたいという風にやりたいことを仕事にするのではなくて

何年も継続できるものを仕事にするべきだと思います。

古着転売ビジネスは現状、厳しいものがあるのでおすすめしません。

以上、らふくでした。